読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「何だかんだと」/ナンシー関

ナンシー関

何だかんだと (角川文庫)

ナンシー関 角川書店 2004-11
売り上げランキング : 587870
by ヨメレバ

★★★★☆

またまたナンシー関

1項目3ページで消しゴムハンコ付き。

ちょこちょこと読めるのも相まって、すぐに一冊読んでしまうんですよね。

野口五郎&三井ゆりの結婚式の「しょっぱさ」の理由、広末涼子の値崩れぶりにみる悲哀、バラエティ番組における橋田寿賀子の邪魔者感、石田純一の「とんちんかん」のルーツ、渡辺満里奈の「台湾通宣言」に潜む意図とは…。

さらに芸能人のホームページも斬りまくり!

21世紀を迎えても、やっぱりテレビは「とほほ」でした。天下無双のテレビ批評第7弾。

ツボにハマったところを抜粋しながら…

「「好きな俳優は渡部篤郎」という人たちは なぜ自信満々なのか」の項には深く共感!

威張っているというのは語弊があるかもしれない。

得意げ、というか自信満々なのである。

渡部篤郎の他に、浅野忠信永瀬正敏にも言える。

渡部篤郎浅野忠信永瀬正敏でも同じ。以下全ての「渡部」は他の二人に置き換え自由)

が好きであるということは、いろんな意味が含まれているようである。

非ミーハー宣言、私はバカじゃない宣言、完成に自信あり宣言など。

プロフィールというのは、どんなものでも「自分はこう見られたい」という宣言書の側面を持つと思う。

ふああああ、これは確信をつきすぎていて気持ちいい。

もちろん、自分にも言われているという意味でも。

今で言うと、加瀬亮とかがそうなるんじゃないでしょうか?

私なんかも「綾野剛が好き」と言ってますが、それも加わりそうな気がする(笑)

何だろうな、好きな映画は?の質問とかも、こう見られたい私用の好きな映画みたいな。

ジャニーズ好きの人たちが使う「天使入ってる」というのによく似ている感じだ。

私はジャニタレに対してじゃないですけど、美少年に対して「天使すぎる」と言ってます。

「ヤバい!!天使すぎる!!」って、アホ丸出しです…。

「恭子と朋ちゃん。「あこがれ」の全貌」の項。

朋ちゃんに憧れる深田恭子について、

私たちは初めて「あこがれ」の発生、成長、終焉という全貌を目撃することができるかもしれない。

ナンシーさんも気になってるようだが、私も朋ちゃんに憧れる深田恭子は気になっている。

私も妹も気になっていたので、かなりの人が気になっている事柄かもしれない。

今、深田恭子朋ちゃんに対し、何を感じ、何を思うのだろうか。

「本当にチャンネルを変えてしまうほど「嫌」なCM、「ダヴ」」の項。

当時、大嫌いだったわ、「ダヴ」のCM。

見るたびに「嫌いやわ、ムカつくわ」と言っていた気が…。

「わたし的に……びっくりです」「ミニスカート、買っちゃいました」「ハイワって感じ」「エステシャンの人に」「私を見て」などなど、最初からケンカを売ってるのかと思うほどの「嫌」の大量連発。

うわぁ…嫌なものを思い出してしまった。

あれから随分な月日が経過したにも関わらず、あのムカつく…未だに覚えてる自分が怖い。。。

Amazonで「何だかんだと」の詳細を見る>>>

楽天で「何だかんだと」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする