読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「Another」/綾辻行人

その他の作家(小説・エッセイ)

Another(上) (角川文庫)

綾辻 行人 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-11-25
売り上げランキング : 14572
by ヨメレバ

★★★☆☆

よく本屋でお見かけしておりました本です。

単行本で約700ページの長編、文庫本だと上下に分かれていて、

読書慣れしていないととっつきにくい本ですよね。

まあまあ本を読んでいても、なかなか手が伸びなかったんですが、

読んでみるとサクサク読めます。

会話文が多いのでラノベ感覚でするするするーっと。

夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。

同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。

そんな中、クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた!この“世界”ではいったい何が起きているのか!?

前半と後半に分かれている本書。

前半がWho?で、後半がWhy?

まぁ、とにかく前半が意味ありげなことをちんたらちんたら書くもんだから、辛気臭くてしょうがない。

ちらちらちらっっと覗かせては引っ込めるの繰り返し。

引っ張りすぎで苛々が頂点にきたところで、やっと後半に入る感じですね。

ざっと200ページくらいは削除しても、さして問題ないと思いますが。

後半は一気に話が進んでいくので、読むのをやめられない快感はあるのですが、

読了後は「やっと終わった。。。」と言った感想。

いくら読みやすくても700ページは疲れるのと、700ページも読んでこのオチには満足出来ない!!

200ページくらいは削ってもらわないと…。

描写もかなりグロい部分があるので、これを映像化って考えただけで、うげぇぇぇ…。

Amazonで「Another」の詳細を見る>>>

楽天で「Another」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする