いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「チェルシー」/桜井亜美

チェルシー (講談社文庫)

桜井 亜美 講談社 2007-06-15
売り上げランキング : 479100
by ヨメレバ

★★★★☆

何気なく手に取って、ぱらぱらっと捲ると、最初の方にメールのやり取りがあったので、それに惹かれて読むことに。

単行本の表紙が、可愛らしい女の子のやわらかな写真で、中身と全く合っていないように思えるのだが…。

チェルシー」というタイトルと表紙の写真だけ見ると、可愛らしいお話に思える。

単行本の表紙がこちらですね。

チェルシー
チェルシー

ストーリーは、一時期よくニュースになったネット心中。

ネットで知り合った人たちが集まり、集団で自殺をするというあれです。

タイトルになってる”チェルシー”は、主人公のハンドルネーム。

自殺サイトやメンタルサイトというものを見ていた時がある。

あの時見ていたそれらのサイトは、今はどうなっているのだろう。

有名なサイトは2004年頃からかな、次々に閉鎖されていった。

サイトが消えて、あそこにいた人たちはどこにいったのだろう。

今ならSNSとかの形で集まっているのだろうと思うけれど、実際は分からない。

読んでみての感想は…決して深い話ではない。

上っ面だけをなぞった浅さしか感じない。

実際に自殺サイトに書き込みなどをしてる人の共感とかは、得られないだろうと思うんだけど。

適当にメンタル系のブログを見て書いたくらいの浅さを感じるんです。

そして、何が何でもセックスに結び付けたいのか、桜井亜美さん!!

展開がセックスに向かっているのが分かるものね、がっかり。。。

ついでに、ラストもがっかり。。。

読み物として楽しめたので、お気に入り度は★★★★☆です。

Amazonで「チェルシー」の詳細を見る>>>

楽天で「チェルシ-」の詳細を見る>>>

広告を非表示にする