読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「春を待つ人」/羽柴麻央

その他の作家(漫画)

春を待つ人 (マーガレットコミックス)

羽柴 麻央 集英社 2002-08-23
売り上げランキング :
by ヨメレバ

羽柴さんの作品を読むのは初めてです。

本当は「私日和」を読みたかったのですが、こちらが書店にあったので。

3つの作品が収録されていますが、表題作が一番少女漫画らしくて好きでした。

「ひとなつの恋」はどこかで似たような物語があった気がするし、「Grapefruit Moon」は主人公の年代とかけ離れてしまった現在、共感することがほとんど出来ず…という結果で。

その表題作「春を待つ人」について。

同じ人に五回目の告白をして振られる主人公。

諦めが悪いというのか、一途というのか…。

「押してもダメならもうダメだ」(ガッツ石松)という言葉を知らんのか?と言いたい。

草食系男子にはこれぐらい押さないとダメか…?

といいつつも、このガッツは称賛に値する。

女友達との会話がボケと突っ込みの漫才のノリで面白いですね。

いいコンビです。

最初のページの羽柴さんのちょっとしたコラムがあります。

漫画家をやめようと思ったが、やめ方が分からなかったというのが面白かった。

漫画家になりたいと切望している人には、願ってもない悩みです。

Amazonで「春を待つ人」の詳細を見る>>>

楽天で「春を待つ人」の詳細を見る>>>

★★★☆☆

広告を非表示にする