いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「あなたのためならどこまでも」/中村明日美子

あなたのためならどこまでも (花音コミックス)

中村 明日美子 芳文社 2010-03-29
売り上げランキング :
by ヨメレバ

ストーリーもないただのエロなど読めない。

”男性同士の同性愛”は好きだけど、”BL”は無理かもしれない。

著者の「薔ばらの頬の頃」の世界もBLだが綺麗で大好きなんだけど。。。

本書に関しては”エロ”がメインである、しかも下品。

著者自身が”アホエロ”と言っているそうだが、その言葉がまさに!な作品。(エロ本)

※アホエロの中の、アホが占める割合が大きい。

セックスへの流れが不自然すぎる。

とにかく、ヤってヤってヤりまくってるようにしか思えない。

二人と繋ぐものはセックスだけ。

設定も無理がありすぎる。

犯人とそれを追う刑事ですよ。

それで「蜜月旅行(ハネムーン)」だなんて、バカげてる。

著者が”アホエロ”というのだから、私のような感想でも満足していただけるのかしら?

表紙の二人が中心だが、短編集なので他のBL作品も収録されている。

男子高生のBLや執事とセールスマンのBLや…。

執事とセールスマンの話は特に酷い。

んなアホな?という展開でセックス…。

私がここまでけなしまくっているにもかかわらず、評価が高い作品である。

これを面白い、素晴らしいと思えるのが本物の腐女子なのだろうか。

腐女子にはなれん。。。

Amazonで「あなたのためならどこまでも (花音コミックス)」の詳細を見る>>>

楽天で「あなたのためならどこまでも」の詳細を見る>>>

★☆☆☆☆