いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「少女」/湊かなえ

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)

湊 かなえ 早川書房 2009-01-23
売り上げランキング : 38705
by ヨメレバ

「告白」がベストセラーになった湊かなえの小説。

ベストセラー作家とかは自ら進んで読む気になれないあまのじゃくなんです。

今回は妹が購入して、私の部屋に忘れて帰ってしまったので読んでみました。

うわっ…重っ…エグい…。

こんなものを読んだ後に鬱状態にならないだろうか…」

と不安を抱えながらも、面白くてぐいんぐいん引っ張られていく展開に読むのが止めららなかった。

二人の少女、由紀と敦子目線で交互に物語が語られていく形式。

特に話し方に特徴があるわけでもない二人の少女は、最初の方はどちらが由紀でどちらが敦子かこんがらがってしまう。

読み進めて行くと判別出来るようになります。

本書がミステリーだとは思ってもいなかったので、ただただ女子のエグさが描かれていくのかという私の期待とは見当違いの方向に。

想像していたストーリーではなかったけれど、ブラックジョークかというような女子たちの無邪気な悪魔っぷりに、おっさん共ざまあ!という気持ちで爽快でした。

”少女”というのは若くて、綺麗で可愛くて、純粋で…。

そんな幻想を持っているのはスケベなおっさんだけですから。

軽い気持ちで近づいたら、社会から抹殺されるかもよ?(笑)( ´,_ゝ`)

Amazonで「少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)」の詳細を見る>>>

楽天で「少女」の詳細を見る>>>

★★★★★

広告を非表示にする