いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「リテイク・シックスティーン」/豊島ミホ

リテイク・シックスティーン

豊島 ミホ 幻冬舎 2009-11
売り上げランキング : 207002
by ヨメレバ

高校に入学したばかりの沙織は、クラスメイトの孝子に「未来から来た」と告白される。

未来の世界で27歳・無職の孝子だが、イケてなかった高校生活をやり直せば未来も変えられるはずだ、と。

帯に書かれているこの文章にたまらなく惹かれました。

高校からやり直したい!と、私も何度思ったことか…。

しかも、27歳・無職の女が高校から人生をやり直すという設定もくすぶられるんですよね。

今が上手くいっている人より、そうじゃない人ほどやり直したい願望が強いと思うから。

高校生活をやり直しに来た孝子は、とても生き生きしている。

昔の自分のような子を助けたり、好きな男の子に告白したり、ダブルデートしたり。

それを孝子の友達・沙織の視点で描かれている。

てっきり、未来から来た27歳・無職の孝子の目線で描かれている作品と思っていたら、これが違うんですよ。

やりたくても出来なかった輝かしい青春をやってのける孝子に自分を重ね楽しかった…物語の最初の方は…。

最初は痛快で楽しかったのに、学生時代が蘇り辛くもなった…。

あの時ああしていたら…とリアルに考えてしまうと辛い。

自分の高校生活を思い出してしまって、どっぷり落ち込んでしまいそうになった。

私はどう考えてもイケてない高校時代を送ってきた孝子側の人間だから、可愛くて頭も良くて性格も良くて…という沙織に対して苛立ちを感じずにはいられなかった。

桜庭一樹の「荒野」の主人公の荒野を思い出したわ…)

もしも、この本を沙織側の子が読んだら、どのように感じるのだろう。

懐かしい高校生活に思いを馳せるだろうか。

やり直すなら高校じゃなくて、やっぱり中学がいい!

嫌なこともあった、楽しいこともあった中学がいい。

高校はただただ辛かったからね。。。

今、やっと本当の自分を取り戻せたと思っている。

あの頃に戻れたより、今の幸せを大切にしないと!!

Amazonで「リテイク・シックスティーン」の詳細を見る>>>

楽天で「リテイク・シックスティーン」の詳細を見る>>>

★★★☆☆