読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「バカの正体」/テリー伊藤

芸能人の本

バカの正体 (角川oneテーマ21)

テリー 伊藤 角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-01-08

売り上げランキング : 123145

by ヨメレバ

何だかテリーさんに期待し過ぎていたみたいだ。

タイトルも面白いし、目次を読んでも面白そうだったんです。

例えば…

  • 「昭和はいい時代だった」と懐かしむバカ
  • なんでも感動したがるバカ
  • 「自分らしさ」を求めるバカ
  • 「逆に」を云いたがるバカ
  • 「私をわかってほしい」と求めてくるバカ

ちょっと面白そうだと思いませんか?

これらのバカを、テリーさんバサバサ斬ってくれるのだと思っていたのです。

しかし、内容は至って普通でした。

バカを治す薬というより、バカでいいやん!という項目も多かったです。

そんなに気を張って、人の粗探ししてばかりいないで、もっと自分を楽しもうよというようなのを感じました。

”バカを治す薬”と言っているが、毒にも薬にもならない本。

さっくり読めて、右から左に流れてしまうような内容。

何か学ぶべきものがあったのだろけど、読み終えたしりから忘れてしまった。

大した事ではなかったのだろう。

Amazonで「バカの正体 (角川oneテーマ21)」の詳細を見る>>>

楽天で「バカの正体」の詳細を見る>>>

★★★☆☆

広告を非表示にする