いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ももいろのきりん」/著:中川 李枝子  絵:中川 宗弥

ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ)

中川 李枝子 福音館書店 1965-07-01
売り上げランキング : 3040
by ヨメレバ

これは家にあったのだけど、妹の絵本でした。

だから、タイトルだけは覚えていたのに内容はさっぱり知らなかったんです。

お母さんにもらったももいろの紙できりんを作るるるこ。

世界一きれいなももいろのきりんとるるこの冒険が始まります。

中身がオシャレなのにびっくりしました。

子供の想像力ってすごいとも思い知らされましたね。

ももいろのきりんの”ももいろ”具合がいい感じなんですよ。

薄すぎず、濃すぎないいい具合のももいろです。

クレヨンがなる木というのも面白い。

きりんに色を塗りながら「せかい一大きいぬりえだわ。いくらぬっても、まだぬるところがある。」というセリフにたまらなくわくわくしました。

そういえば、ぬりえが大好きだったな。

塗り終えたら文房具屋さんに150円握りしめて買いに行ってました。

Amazonで「ももいろのきりん (福音館創作童話シリーズ)」の詳細を見る>>>

楽天で「ももいろのきりん」の詳細を見る>>>

★★★★☆