読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「黒の輪舞(ロンド)」/松本洋子

黒の輪舞(ロンド) (講談社漫画文庫―松本洋子ミステリー傑作選)

松本 洋子 講談社 1998-11
売り上げランキング : 195805
by ヨメレバ

「黒の輪舞」、「黒の組曲」、「黒の迷宮」の三部作を収録。

黒魔術、魔女狩りなど魔女が絡みの作品たち。

ただ、これらの作品は少女漫画雑誌「なかよし」にて連載されていたので、小学生でも理解出来る内容になっています。

「魔女にはこだわりがあるよ」という方が、魔女の話目当ての場合は物足りなく感じるかもしれません。

少女の純粋さと残酷さが上手く描かれていて、とても芸術的な作品です。

「黒の輪舞」は映画「キャリー」に通じるものがあったり、「黒の組曲」に関してもこんなお話を本や映画であったように感じる。。。

この辺りの展開はホラーの定番なのかな。

そこにどう着色していくかで作家の腕が問われるのでしょう。

その点、松本洋子さんは素晴らしい漫画家ですが、一つだけ難点が…。

人物が全て同じ顔に見えて、「これはさっきの人じゃないの?」とか、頭が混乱してしまう時があります。

絵だけを見て、この女の子はあの作品の○○○○という子だと当てられないです。。。

余談ですが、小学生の頃に「魔女っ子になりたい!」というような本があって、友達の妹とその本を読みこみ、魔女になる特訓を本気でしていました。

魔女になるための体操とか、魔女の歴史や基礎知識が載っていて、子供心に好奇心をたまらなく刺激してくれる本でした。

Amazonで「黒の輪舞(ロンド) (講談社漫画文庫―松本洋子ミステリー傑作選)」の詳細を見る>>>

Amazonで「黒の輪舞(ロンド)」の詳細を見る>>>

★★★★★

広告を非表示にする