読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「きまぐれな予感」/水沢めぐみ

きまぐれな予感 (りぼんマスコットコミックス)

水沢 めぐみ 集英社 1984-10
売り上げランキング : 873840
by ヨメレバ

昔の少女漫画って本当にいいな。

現代っ子には、やや(かなり?)古臭いかもしれませんが。。。

携帯もパソコンもないから、すぐに連絡出来ないところが更にいい。

メールじゃなくて、手紙やノートでのやり取り。

このレトロ感がキュンキュンポイント増加するのは間違いないでしょう。

「雨傘ワルツ」が雨の日の恋のスタンダードな少女漫画。

雨の日に傘を貸してくれる男の子、男の子は雨の中、走って去ってしまう…という設定は、王道過ぎるけど鉄板!!

一度でいいから、素敵な男の子から「これ良かったらどうぞ」ってしてもらいたいものです。

嘘でもいいから、一度は経験したいシチュエーション。

男の子が気弱でおしゃべりが苦手なメガネ男子というところが、堪らないです。

ちなみに、この作品は水沢めぐみ先生が大学生になって初めて描いた作品だそうです。

童話のような「夏…そして秋」は恋愛要素は濃くないけどとても良かった。

こういう、不思議なメルヘンのようなお話もいいですね。

ピアノを弾く美少年、これも鉄板ですよね。

Amazonで「きまぐれな予感 (りぼんマスコットコミックス)」の詳細を見る>>>

楽天で「きまぐれな予感」の詳細を見る>>>

★★★★☆

広告を非表示にする