読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【洋画】「運命のボタン」感想

運命のボタン
by カエレバ

あなたなら押しますか?

ボタンを押せば1億円。

ただし見知らぬ誰かが死にます――――

Amazonより)

Amazonのレビューでも随分評価が悪いみたいで…。

期待が大きいだけに、ガッカリされた方が多いようです。

私もその一人なのですが。

スッキリしないー…。

前半で既に私の頭が付いて行けずに、ストーリーは難解な方向にどんどん進んで行く。

それでも、ラストには全てがスッキリするものだと思っていた、信じていた。

それなのに、全くスッキリしない。

もやもやもやもや…。

更にこれは一体なんだったのか??と謎を呼ぶことに…。

意味ありげにピースをしたり、不敵な笑みを浮かべる青年は何だったのだろう。

この映画のテーマみたいなものも、飽きてしまった感が拭えない。

人類へのメッセージ的な…。

面白そうな題材が揃っているのに、それらが活かされずに残念でした。

SFならSFって書いてくれなきゃ、こちらはミステリーとして見ていたので、その辺もダメでした。

■「運命のボタン」の各ショップの商品リンク

★★★☆☆

広告を非表示にする