読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「向こう町ガール八景」/衿沢世衣子

向こう町ガール八景

衿沢 世衣子 青林工芸舎 2006-03
売り上げランキング :
by ヨメレバ

タイトルに惹かれて、絵も好みだったので購入してみることに。

いわゆる萌え系の絵が嫌いで、ごちゃごちゃ細かいのもあまり好きではなく、魚喃キリコさんのような太めのペンで書いたような絵が好きなので、ドンピシャでした。

細かく繊細な絵じゃないけれど、細かい人間の表情が上手くて、ストーリーよりその絵に強く惹かれました。

何かすごい出来事が起こるわけでもなく、日常を切り取った系の短編集です。

特にこれといって、この作品が良かったというのはないけれど、敢えて言うなら、左分里(サブリ)のお話が好きです。

サブリは決して美人でも可愛いわけでもなく、地味なタイプな女の子なんだけど、バンドに懸ける情熱は半端ない。

雑誌のファッションスナップに載っちゃったり、なかなかイカす女の子だった。

一番最後に「カナの夏」という短編で、幼いカナが25歳の伯母さんの彼氏がデブだったことにショックを受けているとこに笑ってしまいました。

「ユウちゃん(伯母さん)の彼氏が デブだなんて デブだなんて そんなのってないや」

そして、涙を浮かべるカナが可愛かった。

Amazonで「向こう町ガール八景」の詳細を見る>>>

楽天で「向こう町ガ-ル八景」の詳細を見る>>>

★★★☆☆

広告を非表示にする