いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

映画「君に届け」レビュー【設定が女用のエロゲーかと…】

by カエレバ

カッコイイ男の子と貞子と呼ばれてる冴えない女の子の爽やか少女漫画の映画化。

この漫画には全く興味がなく読む気もしなかったけど、三浦春馬くんが出てるので見ました。

先に見終えた弟が「春馬くんが爽やか過ぎてずるい!」と吠えてました。

そりゃ春馬くんはカッコイイし、可愛いし、好きだけど、その前に韓流のイケメンの動画見まくった後だしな…と思いつつ鑑賞。

…………!!や・ば・い!!

もう終始にやけっぱなしでヤバかったです。

幸せなため息ばかりをついていました。

時間を見たらまだ30分しか経ってないのに、心臓が持たないと言うか…。

「ちょっと、こんなんで私、最後まで持つかな??」と本気で心配になりました。

たぶん、一年分のキュンキュンを使ってしまったと思います。

こんな展開ありえないのよ。

貞子というあだ名を付けられている冴えない女子を、イケメンで学校の人気者の涼風くんが好きになるなんておかしいんです。

しつこいですが、現実にはありえないんですよ!!

でもね、夢を与えてくれるね、この映画は。

イケテない女子はこれを見て束の間の夢を見れるよ!私も見れたよ!

ある意味、女用のエロげーみたいな設定??

エロゲーは言い過ぎか、じゃあ、ときめきメモリアルガールズサイドだ!

彼氏や好きな人とは見ない方が無難かと…。

どうしても春馬くんがすてき過ぎて…(爆)

彼氏や好きな人に幻滅したり、比べてあげたりしないでね…、お願いしますよ。

男性は彼女や好きな女子と見ないようにね!!

君に届け プレミアム・エディション (初回生産限定) [DVD]
by カエレバ

★★★★★