読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【3Pって…】「トリオリズム」/叶恭子

芸能人の本

トリオリズム (小学館文庫)

叶 恭子 小学館 2008-01-07
売り上げランキング : 43039
by ヨメレバ

叶姉妹の姉の恭子さんの本です。

妹の美香さんもいいですが、やっぱり恭子さんが面白いですね。

男性は美香さん派、女性は恭子さん派が多いみたいです。

(どちらかと言うと…という話ですよ…)

単行本の方はど真ん中に「3P」って書いてあります。これはすごいですね。

何気なく部屋のおんぼろテーブルに置いておいたら、妹がびっくりして「3P!??何の本??」って言ってました。

わたくし、このテのタイトルにも物おじしなくなりました。

数年前の私なら絶対手に取ることがなかった本でしょう。

歳を取るってこういうことなのかしら?

内容ですが…

叶恭子さんには到底ついていけませんわ…。

金持ちの規模が凄過ぎて、羨ましいと感じることもなければ、妬ましいと感じることもなかったです。

自分とあまりにかけ離れた世界なので、かなりショッキングなことが書いてあっても、フィクションのように楽しんで読めた部分はあります。

恭子さんのメイクラブに関することが多いですね。

もちろん”3P”のお話もちゃーんとあるので。

一番エロティックだったのはタンシャワーです。これは凄まじいです。

お金のない人に”愛という名の運命”は感じません。

「わたくしとお付き合いするには、それ相応の財力と忍耐と覚悟が必要ですよ」

こんな発言って、なんて女だ!??(怒)となるところですが、

へぇー、そうなのか。。となってしまう。

これだけではなく、お金がなくなったらあなたを愛せなくなるとハッキリ告げるという恭子さん…。

もし財力を凌駕するものがあるとしたら?それは美しさでしょう。

グッドルッキング・ガイからの一輪のバラは、ビッグなエクスタシーに匹敵するのです。

やはり恭子さんも美少年・美青年には弱いみたいね。

”3秒以上の熱い視線で相手を見つめながら、何かを相手が感じとった瞬間にすぐ目線をそらす”

一般の女性がマネ出来るような事柄はほぼありません。(あったら怖い)

ただ、これだけは出来るかも!??グッドルッキング・ガイに出会ったらお試しあれ。

言葉が非常に悪くて申し訳ないのですが、叶恭子という人間は金とセックスが好きなんだなということになりました。

一般ピープルには縁のない世界のお話でした。

★★★☆☆

広告を非表示にする