いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「スワンレイク」/野島伸司

スワンレイク
スワンレイク野島 伸司

幻冬舎 2002-12
売り上げランキング : 258186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
スコットランドヤード・ゲーム (小学館文庫 の 2-1)
スヌスムムリクの恋人
薔薇のない花屋
あいくるしい
人間・失格―たとえばぼくが死んだら (幻冬舎文庫)

人間のどろどろとした部分がぶわぁっと出てくる。

これでもかってくらい出てくる。

本当にいい人間はどこにいるんだ??

まだ治ってない傷をぱっくり開いて見せつけられているような。

これぞ、私が大好きな野島伸司です!!野島伸司はこうでなくっちゃ。

脚本家の野島伸司さん、初の小説です。

黄色いレインコートをまとい、猟奇殺人を繰り返す「五人」の若者。

今まで、野島作品のファンだった方は、「あっ!」と思う単語がいっぱいあると思いますよ。

あれとか、あれとか…言いたいんですが、読んでからのお楽しみということで、見つけてください。

五人の若者に完全に魅了されてしまいました。

美しく残酷なものはどうして、こんなにも人々を魅了するのでしょうか。

美しさを生まれながらに持ってしまったものは、それだけで一般人にはない運命を背負わなければならないのではないか、美しいということが全てを狂わせるのではないか。

私の美しさにひれ伏し、狂ってしまえばいい!!

あぁ…感嘆のため息が漏れてしまいます。

美しさをフューチャーして書きましたが、受け取り方は千差万別。

色々な角度から研究したいくらいですね。

深い、深い、野島ワールド。

意味が分からないという方もいらっしゃいますが、それも分かります。

最後の方は、この作者、気がふれているんじゃないか?と本気で思ってしまいましたから。

何が正常で何が異常なのかさえも、もう分からなくなってしまうような渦に飲み込まれてしまいました。

★★★★★

広告を非表示にする