いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

【邦画】「紅の豚」

紅の豚 [DVD]
紅の豚 [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2002-03-08
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
天空の城ラピュタ
風の谷のナウシカ
魔女の宅急便
もののけ姫
耳をすませば

公開当時に映画館に観に行きました。

おばさんが連れて行ってくれたのですが、お金を払ってわざわざ連れて来てくれたことを思うと、幼いながらに「つまらなかった」と素直に言えなかった思い出のある映画です。

「どうやった?」と聞かれて、その時は「『魔女の宅急便』の方がいいかなぁ…」というのが精一杯でした。

子供もちゃんと気を遣うのですよ。

あの頃よりはだいぶ色々な経験もしたし、この映画の良さが今なら分かるかもしれないと思い鑑賞。

結果…あまり好きではない。

見た目が思いっきり豚なのに、サングラス掛けて、服着て、髭をはやして、言葉を話す。

それを誰も可笑しがることなく、不思議に思うことないのが、シュールだわ!!と思ったのが、一番の驚きでした。

豚だけれど、ごっつ渋いの、ごっつカッコイイのよ!

「飛べない豚はただの豚だ」

名言ですよね。

じゃあ、飛べる豚は何なの????

◇1992年 日本 92分

◇監督:宮崎駿

◇声に出演:森山周一郎加藤登紀子桂三枝上條恒彦岡村明美

◇あらすじ

飛行艇を操る空賊が横行していた、第一次大戦後のイタリアはアドリア海。賞金稼ぎの飛行艇乗りであるポルコ・ロッソは、空賊たちには天敵の存在。自分の顔を魔法で豚に変えてしまったポルコを何とかやっつけたいと一計を案じた空賊たちは、アメリカからスゴ腕の飛行艇乗りを呼び寄せ、彼に一騎打ちを迫る。(allcinema ONLINE

★★★☆☆

広告を非表示にする