いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「トラッシュカン」/古張乃莉

トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)
トラッシュカン (短篇集) (WINGS COMICS)
新書館 2008-11-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
ぷろぺら青空 (ウィングス文庫―晴天なり。)
自由になあれ (ウィングス文庫―晴天なり。)
異星人交差点(エイリアン・クロスロード) (ウィングス文庫―晴天なり。)
純情えれきてる (WINGS COMICS BUNKO)
ひらひらひゅ‾ん 2 (2) (WINGS COMICS)

最近、大人向け(高校生以上じゃないと理解しにくいような)の漫画に惹かれて読んでます。

この短編集もそのうちのひとつ。

ストーリーはあるけれど、人によっては意味が分からない、どういう事?ってなると思う。

想像や余韻に浸るのが好きじゃないと何も見えてこないかもしれない。

小説の漫画化はよくあるけど、この作品は詩や歌詞を漫画にしたみたいに感じる。

だから、かなり抽象的な部分が大きい。

そして、少女漫画の綺麗な絵柄だが、毒が結構強め。

もう少しでホラーにもなりうるだろう作品もあったし。

これをミニシアター系の短編映画にしたら、素敵かも。

世にも奇妙な物語」でもいいかも。

漫画だからと言って、分かりやすいとは限らない。

むしろ小説の方が分かりやすい時もあるんだなと、この作品を読んで感じた。

いつかまた読み返してみたい。

心で感じる、想像で見る、そんな漫画でした。

ちなみに、作者の古張乃莉(こばり のり)さんは藍川 さとる(あいかわ さとる)に名前を変更したらしい。

ボーイズラブ作品では黒江 ノリコ(くろえ のりこ)名義で活動しているそうです。

★★★★☆

広告を非表示にする