読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「きゃらめるダイアリー」/水沢めぐみ

水沢めぐみ

きゃらめるダイアリー (りぼんマスコットコミックス (1186))きゃらめるダイアリー (りぼんマスコットコミックス (1186))

集英社 2000-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小学生の頃、水沢めぐみさんの「姫ちゃんのりぼん」が人気で、私も当たり前にハマってました。

そんな水沢先生の作品を○○年ぶりに手に取ってみた。

主人公が憧れている太郎くんは正統派の美少年、優しくて、頭も良くてって感じの。

もう一人の次郎はちょっとワルっぽくって、これまたカッコイイのよ。

こういうタイプの違う男の子が二人登場して…(※ただしイケメンに限る

という展開は少女漫画ではよくある。

それを分かってても楽しいのがりぼんっ子。

りぼんっ子は漫画雑誌「りぼん」の読者という意味です。。。

普通のコミックで一巻に満たないお話なので、早足で終わってしまった感があった。ライバルの漫画化の女の子の部分はバッサリ削ってしまっても良かったかも

少女漫画の王道のストーリーで、特に刺激的な出来事があるわけじゃない。

こういう漫画でほっこり、きゅんと出来る大人になりたいものです。

★★★☆☆

広告を非表示にする