読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「ポビーとディンガン」

洋画

ポビーとディンガン [DVD]ポビーとディンガン [DVD]
ピーター・カッタネオ

日活 2006-09-08
売り上げランキング : 37270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オシャレな、可愛い映画が見たい!

そう思い立って、オシャレな女の子がお勧めしている映画の中から、これをチョイスしてみました。

空想の中の友達がいる妹。

そんな妹が病気になり、”空想の中の友達”を兄が探しに行くというお話にも興味が沸いた。

空想の中の友達って、空想癖がある私は何となく分かる気もするが…

あぁ、こういう事あったなぁという感覚はないです汗

忘れてしまったのかなぁ。。。

感受性や空想癖が強い子って、どうしても攻撃の対象になってしまうみたい。

変な子扱いされてしまう。

大人たちの方がよっぽど子供みたいだし、おかしかった。

やってる事が子供と一緒で苛々してしまううへぇ~;

女の子の部屋とか車の中(バス?)が可愛かったです。

こういうとこがオシャレなポイントだったのかな。

★★☆☆☆

2005年 オーストラリア/イギリス 86分

監督:ピーター・カッタネオ

出演:クリスチャン・バイヤーズ、サファイア・ボイス、ヴィンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー

あらすじ:オーストラリアに住む幼い兄弟アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)と妹のケリーアン。ある日ケリーアン(サファイア・ボイス)が病気になってしまう。

広告を非表示にする