読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちいち本レビュー

たんたんと本の感想を書いていくブログ。書評よりもっと軽いメモみたいなもの。

「お熱いのがお好き」

洋画

お熱いのがお好き〈特別編〉 [DVD]お熱いのがお好き〈特別編〉 [DVD]
ビリー・ワイルダー

20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント 2002-08-02
売り上げランキング : 92849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

海外の名作が見たい!

と、急に思い立って、何本かチョイスした中の一本。

「アメリカのセックスシンボル」とまで言われたマリリン・モンロー

セクシーなだけじゃなくて、とっても可愛らしかった。

歌声も話してる声も可愛いすきすき!

ププッピドゥー♪も聞けて、大満足。

この映画で使われていた歌だったのですね。

マリリン・モンローと言えば、この曲のイメージがあるわ。

名作と言われるだけあった、お話もすごーく面白かった。

時代や国境を越えても、面白いものは面白い!

私はジェリーが面白すぎて…笑

三枚目なキャラが大好き。

志村けんとかのちょっと昔のコントっぽい感じ。

最後のオチもおもわず笑っちゃいます。

★★★★★

◇1959年 アメリカ 121分

◇監督:ビリー・ワイルダー

◇出演:ジャック・レモントニー・カーティスマリリン・モンロー

◇あらすじ:禁酒法時代真っ只中のシカゴ。ギャングの抗争に巻き込まれ、聖ヴァレンタインの大虐殺を目撃した二人のバンドマン、ジョー(カーティス)とジェリー(レモン)は、ギャングの追っ手をかわすため女ばかりの楽団に紛れ込む。女装した二人はそこで歌手のシュガー(モンロー)と知り合い、ジョーは彼女に熱を上げるが女装のままではどうしようもなく、楽団を乗せた寝台車は一路マイアミへ。しかし、そこにはギャングの親分コロンボ(ラフト)一行も現れた……。(allcinema ONLINE

広告を非表示にする